岐阜AAAメンバーズ
お問い合せ ホームへ
PREMIUM BODY SHOP
岐阜AAAメンバーズとは 岐阜AAAのCSR 活動予定 活動レポート 会員紹介


活動予定 2018年度 AAA&AAメンバーズ活動予定

確かな技術と先進の知識を求めて…。


1 年初第1回AAAメンバーズ会議開催    終了しました。 
  2018年3月11日 第2日曜日
 
場所 岐阜ワシントンプラザ スカイルーム
参加  11社15名  
レポート 会長挨拶後、各メンバーズの2017年度の取り組み事項とその成果と反省、新年度の抱負を報告しました。
質疑応答後、新年度の事業計画について、AAAメンバーズ並びに経営研究会の研修予定内容を検討しました。
メンバーズでは、前年度から力を入れている最新の車載装備品、エイミングに関する研修を座学と実車で行い、経営研究会では、リスクマネジメントパート3として、部下の育成方法についてそれぞれ研修することが決まりました。
最後に、賛助メンバーからの報告で終了し、場所を宴会場に移し、懇親会が行われました。
2 最新の修理技術研修と最新の業界事情   終了しました。
  2018年6月17日 第3日曜日
  テーマ(1) 『最新技術の習得〜アルミの修理技法』
主催:(株)栄和製作所
  テーマ(2)『テュフ認定とは』   
主催:テュフラインランドジャパン
 
場所 (有)まの鈑金
参加  33名
レポート 
テーマ(1)の最新の修理技法では、アルミの修理について、前半はそのアルミパネルの特性や修理に関するポイントを座学としてレクチャー、昼食後、実際のアルミパネルに対する修理の技法を参加者の実体験で、実技研修を行いました。
アルミ修理に関しては、ほぼ初めてという方ばかりなので、その特性と修理ポイントが学べた事は、かなり有意義な研修でした。

続いて、テーマ(2)では、シニアセールスエグゼクティブ 栗田隆司氏が、テュフ認定の現状とこれまでの経緯について、解説、説明がありました。
今後は、この業界も第三者認定を受けた工場資格を取得していない会社は、お客様からのご指名は当然、信頼は得られないと思われます。お客様へ安心と安全を提供し、“お客様から選ばれる工場作り”を目指すAAAメンバーズは、早期に資格取得を達成しないといけません。
どちらの研修も業界の将来を左右する上で、とても重要な内容でした。
 
3 自動車の最新装備品パート1  終了しました。
  2018年9月9日 第2日曜日
  テーマ 『自動車の最新装備とその修理方法 パート3』
   主催:(株)プロトリオス
 
場所 大垣市情報工房
参加  23名
レポート  前年度実施したテーマの第三弾として、(株)プロトリオスから再び講師を招き、自動車の最新装備品とその修理方法について学びました。
前年同様資料や画像を使い、研修会場でしか伺えないメーカー事情も含め、参加者にとっては、非常に有意義な研修の中身となりました。
参加者は、修理をする当事者ですから、カーユーザーさんにもしもの事が起これば、大変な問題になります。
最新の情報を得て、適切な作業をすることで、カーユーザーの安全を守り、安心を提供する事が使命です。
今後も最新の自動車装備品の情報を継続的に取り入れ、正確な修理技法で、お客様に選ばれる企業を実践しないといけません。
 
自動車の最新装備品 パート2  予定
  2018年11月18日 
  テーマ 『 エイミング研修会 』
  主催;
 
場所 未定
参加 
レポート 
 



1 リーダーズ研修 パート1  終了しました。
  2018年5月27日 第4日曜日       
  テーマ『リスクマネジメント  部下の育て方 』
 
場所 ふれあい会館
参加  6社18名
講師 (有)オフィスユウジン
レポート  例年通り、まずは、出席者の自己紹介、自身の今年の課題、部下の育て方についての悩み(部下のいない若手は、「理想の上司」)の3点を発表しました。
続いて、リスクマネジメントをベースに、「部下の育て方」についての講義では、先の戦争中連合艦隊の司令長官であった山本五十六の有名な“人を動かす”言葉に加え、マニュアルの作成基本のワンポイントレッスンとして、“褒めると叱る”の考え方について学びました。
休憩を挟んで、3つのグループに分かれ、課題(リーダーの使命;やるべき事)について討議しました。
最後に、グループリーダーが各自の行動目標を発表しました。今回の行動目標が、次回への経過監視課題であることを確認し、終了しました。
 
2 リーダーズ研修 パート2   終了しました。
  2018年7月22日 第4日曜日    
  テーマ『リスクマネジメント 部下の育て方 2』
 
場所 高山市民文化会館
参加  4社15名
講師 (有)オフィスユウジン
レポート  前回の行動目標に基づいて、その進捗状況の報告、自身の課題の進展度並びに経済記事1本を各自がいつものように発表。
各参加社の思いに差が生じ、良くない会社は、即改善の指摘を受ける。
その後、“責任”をテーマに、2つのグループに対峙して、ミスを犯した当事者の責任と当事者を含めその組織全体の責任について、ディベートを行う。
正しいのはどっちか。論理的思考能力アップと意識向上を狙ったテーマ。
結果よりも経過重視で、各社でも訓練のために、持ち返ることに。
休憩後、社内の人間関係を改善する方法について学ぶ。
イソップの寓話「北風と太陽」を例に、部下に対する接し方の注意点の解説を受ける。
部下を育てる方法は、一夜漬けでは無理。次回が最終回。
 
3 リーダース研修 パート3  予定
  2018年10月21日
  テーマ 『リスクマネジメントパート3〜幹部社員の部下育成方法 (3) 』
 
場所 大垣青年の家
参加
講師 (有)オフィスユウジン
レポート 
 

前のページへ このページのトップへ
Copyright(C) AAA MEMBARs. All rights reserved.