岐阜AAAメンバーズ
お問い合せ ホームへ
PREMIUM BODY SHOP
岐阜AAAメンバーズとは 岐阜AAAのCSR 活動予定 活動レポート 会員紹介


活動予定 2017年度 AAA&AAメンバーズ活動予定

確かな技術と先進の知識を求めて…。


1 年初第1回AAAメンバーズ会議開催    終了しました。 
  2017年3月26日 第4日曜日
 
場所 岐阜ワシントンプラザ スカイルーム
参加  13社20名  
レポート 早見会長挨拶後、新賛助メンバーの紹介に続き、各メンバーズの2016年度の取り組み事項とその成果と反省、新年度の抱負を報告しました。
質疑応答後、賛助メンバーからの連絡事項に続き、新年度の事業計画について、AAAメンバーズ並びに経営研究会の研修予定内容を検討しました。
メンバーズでは、塗装業務関連、鈑金業務関連、見積り検証会パート2、自動車の最新装備品の知識の習得をテーマに、また、経営研究会では、リスクマネジメントパート2とトップマネジメントの役割について研修することがそれぞれ決定しました。
その後、場所を宴会場に移し、懇親会が行われました。
2 最新の塗装関連技術研修会   終了しました。
  2017年6月18日
  テーマ 『 最新塗装関連技術の習得〜(1)さざなみ形状の補修、(2)プラスチックリペア、(3)レンズリフォーマー 』
  主催:奥村塗料(株)、テロソン、イサム塗料(株)、(株)イヤサカ
 
場所 (有)マルイ鈑金
参加  46名
レポート 
午前中は、シーリング・アンダーコートの最新工法として、さざなみ形状の補修(復元)を学びました。
今回の工法は、
トヨタ自動車でも紹介、認められたもので、ビデオ研修後、実車を使用して行われました。
昼食後、プラスチックのリペア(補強、溶接)とレンズリフォーマーの研修を2班ずつに分かれて、各メンバーズ持参のレンズ等を使って実践的に研修をしました。
一般の顧客の集客を第一に考えているメンバーズにとって新たなアプローチメソッドとして、かなり有効だと参加者の方は口々に話していました。
長時間に渡った研修を、
今後自社でどのように活用するか、今後の展開が期待されます。
 
3 意識改革&技術セミナー  終了しました。   
  2017年8月27日 第4日曜日
  テーマ 『 (1)見積り検証会パート2、(2)自動車の最新装備とその修理方法 』
   主催:AAAフロント、(株)プロトリオス
 
場所 岐阜産業会館
参加  31名
レポート  第一部では、昨年に引き続き、各メンバーズの見積書の検証を行いました。各メンバーズから大、中、小破を3件、工賃アップのための鈑金修理に重点を置いた見積書とその写真を持ち寄り、見積り作成のポイントや写真の撮り方、使い方を再度学びました。
要点をコマ目に書き入れる人、担当者に質問する人等、前回のように静かに盛り上がりました。
第二部では、(株)プロトリオスから講師を招きました。今や走るコンピューターとなった自動車の最新装備品と修理方法について、資料やビデオを使い、かなり突っ込んだ内容の研修となり、参加者のモチベーションもかなり上がりました。
次回は、10月に予定しており、『お客様に選ばれる工場作り』を実践しているメンバーズにとっては、必要不可欠な最良最新の情報だけに、習得しなければ、勝ち抜けない決意で臨んでいます。
研修終了後は、近くのお店で、参加者全員で懇親会を行い、親睦を更に深めました。
 
技術セミナー  終了しました。
  2017年10月15日 第3日曜日 
  テーマ 『 自動車の最新装備とその修理方法 パート2 』
  主催;(株)プロトリオス
 
場所 大垣情報工房
参加  37名
レポート  前回8月27日実施した同じテーマの第二弾として、(株)プロトリオスから講師を招き、自動車の最新装備品と修理方法について実施した。
前回同様資料や画像を使い、前回以上に突っ込んだ中身もあり、参加者にとっては、誠に有意義な研修内容となりました。
参加者の中には、細かな質問を投げかけている人もおられて、皆さんの関心度の高さが窺えました。
今後も自動運転化は益々進みます。最新の情報に基づいた正確な修理技法を今後も身に付けなければ、お客様に選ばれる工場にはなれません。
来年度以降も定期開催したいテーマです。
 



1 リーダーズ研修 パート1    終了しました
  2017年4月23日 第3日曜日       
  テーマ 『 リスクマネジメントとトップマネジメントの役割 』
 
場所 ソフトピアジャパン
参加  6社13名
講師 (有)オフィスユウジン
レポート  前年度に引き続き、リスクマネジメントを中心に、そのリーダーシップとなるトップマネジメントの役割について、行動科学の見地から参加者のスキルアップを図ります。
まず最初に自己紹介、参加者の今年1年の課題、関心のある経済ニュース(1点)、参加者の代表が自社の課題ついて発表しました。
小休止の後、行動科学のMORSの原則について、レクチャーを受け、その後、3つのグループに分かれ、課題について討議しました。
課題は、最初に発表した中から“人材育成”と“業績向上”となりました。
最後に、グループリーダーが各自の行動目標を発表しました。今回の行動目標が、次回への経過監視課題であることを確認し、終了しました。
 
2 リーダーシップ研修 パート2   終了しました
  2017年7月2日      
  テーマ『リスクマネジメントとトップマネジメントの役割(2)』
 
場所 飛騨世界生活文化センター
参加  6社17名
講師 (有)オフィスユウジン
レポート  今回から初参加の方が3名と共に、参加者のお客様の所で、ランチ。
その後、研修会場に移動し、前回の復習・解説後、自己紹介、自身の課題の進捗、各社の課題の進捗及び気になる経済ニュース1本の発表。
休憩後、会社単位で、
グループディスカッション。テーマは自社の課題の再検証。
今回は、他社のスタッフ1名を善意の第三者として参加させ、相互理解も図る。やはり、皆さん、グループ討議はよく話される。
話し合いは、他社の方も混じっているせいか、質問形式が目立つ。
出席の8割以上が経営者か幹部。自社の改善活動に活かすには、もってこいの場所。
あっという間の1時間。その後、各社の代表からテーマについて、今後の方針を発表。
最後は、会社の目的とその理解のさせ方について、レクチャー。
リスクマネジメントとリーダーシップを如何に融合させるか、その実践が、自社の未来を拓きます。
次回の日程を決めて、無事終了となりました。
 
3 リーダーシップ研修 パート3  終了しました。
  2017年11月3日  
  テーマ 『リスクマネジメントとトップマネジメントの役割 (3) 』
 
場所 ふれあい会館
参加 4社13名
講師 (有)オフィスユウジン
レポート  今回が年度最後の研修。いつものように、自身の課題の進捗と気になる経済ニュース1本、代表による各社の課題の進捗の発表。その後2班に分かれて、グループディスカッション。
テーマは『会社を良くするためにやるべきこと』。
グループディスカッション前に、話し合うポイントと注意点の解説。話し合いは必須の意識改革です。
しかし、リーダーシップ不足と時間管理が機能せず、あっという間に制限時間が過ぎました。
また、新たな課題発見です。より具体的な行動指針とはなりませんでしたが、取り組むべき使命であることは、参加者全員で理解、納得しました。
最後に、1年を振り返り、その思いをレポートにして、終了。
次年度に向けて、何を修正し、成長できるか。これからも正念場は続きます。
 

前のページへ このページのトップへ
Copyright(C) AAA MEMBARs. All rights reserved.